すぐに運転免許が取れる!合宿免許のメリット・デメリットを紹介


合宿免許なら時間も費用も大幅な節約が可能

合宿免許を利用する最大のメリットは短期間で運転免許の取得できることです。一般的に運転免許の取得までには、平均すると3ヶ月ほどかかるとされていますが、合宿免許の場合、ATなら最短で14日、MTなら16日前後で教習を終えることができます。また、一般の教習所では技能講習の予約が取れるまでかなり待たされたりすることもありますが、合宿免許の場合は入校時にあらかじめスケジュールが決まっているのでスムーズに講習を受けることができます。

一般的な教習所を利用した際の教習費は25万円から30万円ほどです。それに対し、合宿免許は教習期間によっても変わりますが、教習費、滞在費などを含めても20万円程度の費用で済みます。さらに教習施設は観光地にあることが多く、隙間時間にリゾート気分を味わえるのも合宿免許を利用する大きな魅力となっています。

合宿免許の利用はスケジュール管理が何よりも大切

合宿免許を取得するためにはまとまった休みが必要になります。最短でも2週間は教習中心の生活となるので、休みがとりにくい社会人の方にとっては利用しづらいといったデメリットがあるでしょう。また、合宿免許の費用が安く済むのはスケジュール通りに卒業できた場合の話です。思ったよりも教習に手間取り、予定通り卒業できなかった場合は追加の費用が発生します。とくにスケジュールに余裕がない社会人の方の場合、仕事の都合で泣く泣く退校せざるを得なくなるといった局面も考えておかなくてはなりません。短期間で運転免許を取得できる合宿免許ではありますが、場合によってはこうしたデメリットが生じることも考えておく必要があります。

泊まり込みで運転講習を受ける合宿免許ですが、すべての課題をクリアするには最短でも二週間を要します。そのため、夏休みなどの長期休暇に活用する手段として選ばれることも珍しくありません。